自然草エキス

HOME | 自然草エキス | 自然草エキス 7.紫根(シコン)

7.紫根(シコン)


 

 
華岡青州が作った紫雲膏の主成分。創傷湿疹治癒(できもの、湿疹、肌荒れ、しみ、ソバカス、切り傷、火傷、すり傷)坑炎症作用。
●性味:甘・鹹、寒
●薬能:涼血解毒・透疹
紫根・・・「ムラサキ」の根の部分。
白く可憐な花を咲かせているムラサキは、根っこを乾燥させてみると、まさに紫の色になります。ムラサキの根は、古来より染料として用いられ、高貴な色として珍重されていた「紫」という色名もこの花の名からとられたそうです。
また、紫根は皮膚の万能の薬としても有名で、江戸時代の名医「華岡青洲」の作った「紫雲膏」は、やけど・痔の特効薬として名高いものです。植物学者として著名な牧野富太郎博士も『日本植物図鑑』に「万病に効果がある夢の漢方薬草」と記しておられます。現在でも医薬品の分野では、殺菌・消炎・肉芽促進などの効果が認められ、しっしん・しもやけ・切り傷・やけど・口内炎などに応用されています。漢方では解熱剤や解毒剤として内服薬にも用いられています。紫根のエキスはその効果が日本薬局方に記され、医療現場の様々な治療に使用されています。ですから、紫根は口に入れる場合は医薬品に分類され、健康食品としては認められていません。化粧品の分野では、天然色素としてのほか、にきび痕などの陥没に対する肉芽形成、殺菌・消炎、皮膚細胞の活性化などに期待をかけられており、「若さと美白」効果を求める女性に、お肌にやさしい「紫根美容」は受け入れられています。
 
 

氣粧クリーム 氣粧クレンジングオイル 氣粧ソープ 氣粧ローション 氣粧エッセンス 氣粧オイル
         

 

自然草エキス

いってん氣粧品は多くの自然草エキスの配合から誕生しています。

1.姫蒲(ヒメガマ)
2.甘草(カンゾウ)甘草フラボノイド
3.甘草(カンゾウ)グリチルリンチン酸2K
4.甘草(カンゾウ)グリチルリンチン酸ステアリル
5.甘草(カンゾウ)カンゾウ葉エキス
6.当帰(トウキ)
7.紫根(シコン)
8.地黄(ジオウ)
9.唐金蓋花(トウキンセンカ)
10.ハマメリス
11.苦参(クジン)
12.甜茶(テンチャ)
13.忍冬(ニンドウ) (スイカズラ)
14.障葉柏(クスノハガシワ)
15.玉蜀黍(トウモロコシ)(キシロビオース)
16.ラベンダー
17.ココ椰子(ココヤシ)(グリセリン)
18.紫蘇(シソ)
19.桑白皮(ソウハクヒ)
20.朝鮮人参(チョウセンニンジン) (オタネニンジン)
21.茵陳蒿(インチンコウ) (カワラヨモギ)
22.頭花(カミツレ)
23.枇杷(ビワ)
24.霊芝(レイシ)
25.川きゅう(センキュウ)
26.十薬(ジュウヤク) (ドクダミ)
27.渋柿(シブガキ)
28.蓮胚芽(ハスハイガ)
29.菩提樹(ボダイジュ) (シナノキ)
30.スターフルーツ
31.延命皮(エンメイヒ) (ムクロジ)
32.薔薇(バラ)
33.七葉樹(シチヨウジュ) (マロニエ)
34.オリーブ
35.月見草(ツキミソウ)
36.月桃葉(ゲットウヨウ)
37.立麝香草(タチジャコウソウ) (タイム)
38.黄ごん(オウゴン)