自然草エキス

HOME >> 自然草エキス >> 16.ラベンダー

 自然草エキス


いってん氣粧品は多くの自然草エキスの配合から誕生しています。

16.ラベンダー

アロマセラピー効果(リラックス促進)、新陳代謝促進、皮膚の分泌バランス調整、抗炎症殺菌作用、抗リパーゼ活性作用、リンパ鬱帯改善作用。
昔からラベンダーの香りは「神経を沈静化する」効力があるといわれてきましたが、近年の科学技術の進歩で脳波の検査や香気成分の測定などができるようになって、まさしく、その効能があることが確認されました。ほかにも、頭痛やめまいを治すとか、学名のラワンドラの由来が”地中海沿岸地方原産の多年草で、草丈は1mくらいになります。洗う”であるように、髪のリンスやハーブ・バスに用いるとよいとされています。本草学者のジェラードは「偏頭痛やめまいを訴える患者の頭頂を、この草で洗う」という処方をしているし、サー・ジェイムズ・スミスも「酒にこの草を混ぜたチンキは、優雅に薬をたしなみたい人々にとって、最良の一杯である」と言っています。ラベンダーの香りのする化粧品が、石鹸をはじめ多いのは、このあたりからきているのでしょう。現代人の抱えているストレス、イライラやヒステリー、頭痛、めまいを穏やかに治し、不眠症、不安賞に悩む人々にも効果があります。 美容、健康面でデオドラント効果が高く、消毒、抗炎、治癒作用に優れ、新陳代謝をよくすることが知られています。また、肌質を問わず、生き生きさせるローションとして用いることができ、にきび、やけど、脱毛症にも進められます。さらに、ラベンダーには香りと同時に、虫除けの効能もあります。昔、南フランスのグラースに住む手袋作りの職人たちは、地元特産のラベンダーオイルで、手袋の材料の皮革を磨いていましたが、そのおかげで伝染病にかからなかったため、この話が広まって、ほかの地方の人々も競ってこのハーブを栽培するようになりました。

クリーム クレンジング
オイル
ハーブソープ ローション エッセンス オイル スプレー
ローシション
 ●    ●  ● ●