いってん氣粧(きよそい)

HOME >> いってん氣粧品 >> 推奨品 >> 氣粧まこも枕

氣粧まこも枕「盆の窪


使っていただきたい心身力アップの商品です。
10月15日発売 まこも枕・まこも敷きパッドの予約を開始します。
一段とパワーアップした新商品「氣粧まこも枕《盆の窪》10,000円」
の販売開始します。

氣粧まこも枕《盆の窪》


縦16㎝×横34㎝ 約280g
通常価格 10,000円+税(10%)
 

 


■睡眠革命・・・睡眠熟度アップ

 
●この商品のベースとなる草は、出雲大社(島根)の本殿と5つの御社のしめ縄に、又全国の八幡様の総本山・宇佐八幡(大分)のご神体(枕)に、その他にも昔から各地でいろいろな神事や祭事に用いられている霊草「真菰(まこも)」です。波動を考え、特定農家に無農薬
栽培で育てていただいた真菰を使っています。
●素材の持つ波動をアップするために、「草・石・水・光」の癒しの波動を氣粧加工し、「睡眠の法則]にもとづき作った枕と敷きパッドです。
 

■「睡眠老化」は50歳前後から始まると言われます。    

 
●今は、もっと若い世代より始まっています。ストレス、食事のアンバランス、運動不足、高画質テレビ・パソコン・スマートフォンの電磁波・・・等による心身への「疲労の蓄積」が原因です。「疲労」は中枢神経(脳・脊髄)と、そこから全身に伸びる末梢神経と、全身の筋肉細胞、内臓細胞との連携がうまくとれなくなると起こります。
 

■「睡りの借金」をしていませんか?

 
●疲労回復のために、人間は一定の睡眠が必要です。浅く短ければ、眠りの借金が生じます。すぐに返済できる状態なら「睡眠不足」。しかし借金に次ぐ借金で返す当てがなくなった時、「睡眠負債」に陥り、「体内時計」が狂います。すると自律神経のコントロールが乱れて、様々な病気の発生リスクを高めることは、いろいろな研究機関のデータが明らかにしています。
 

■「睡眠熟度」を高めるには、「頭部・脊椎の経絡とツボ」に癒しの波動を共鳴させる事です。   

 
●これが「いってん」が唱える「睡眠の法則]です。このことに配慮した枕はありません。「経絡」は、体内におけるエネルギー(氣)が通る道で、その要所に「ツボ(経穴)」があり、体内と体外とのエネルギーを交換する出入口としての役目をします。それらの機能がうまく働いていると、氣・血・水が滞りなく循環します。と東洋医学では言っています。
●後頭骨の下の切れ目(延髄)と、鼻の穴とを垂直に結ぶ線上に、生命維持に最も重要な脳幹があります。又脊椎の中には、大きな中枢神経が通り、そこから繋がる末梢神経に働きかけて重要な働きをします。ですから疲れると首から背中にかけてコリがでます。睡眠の妨げをします。後頭骨の切れ目部分を基点に、頭部と脊椎回りの経絡とツボに、癒しの波動を共鳴させると、神経・血管や全身の筋肉細胞が癒され、心身がリラクスして、睡眠熟度をアップします。


●この法則での枕の高さは、盆の窪を基点にしますので、あまり高くする必要はありません。ご自分のムコウ脛の高さで十分です。その時、後頭部の一番出た辺り(眉間の真後ろ)を、少し浮かせて(1~2㎝)枕を用いますと、胸骨や背骨とその周り筋肉がゆるみます。
●長年の習慣となった枕の使い方がありますので、最初からそのようにする必要はありません。氣が向いたらやってください。面白い効能に氣づきますので。  
●低くなった枕を高くしたい時は、枕の端の紐で調節するか、手拭いで巻くか、タオルを敷いて高くするなどで調整してください。  
●下半身部の腰や腸の調子も整えたい方は、天竺2枚を縦に敷いて用います。  
●1ヶ月に1~4回程、30分ほど天日干し、30分ほど風通しをしてください。癒やしのエネルギーが復活します。  
●これらの品は、波動効果を考え、特定農家で無農薬栽培した真菰を使い、布は天竺木綿、色も睡眠効果の高いグリーンを用いています。チャック以外は全て純天然物の完全手作りのこだわりの商品です。もちろん氣粧加工して波動効果の高い商品に仕上がっています。感じる方には絶対お薦めです。
 

■アクアタック研究所で、2019年度最高の68.1の波動値を測定しました !!

 
●波動には、その人にとって良い波動と、悪い波動があります。それを人は五感で「快、不快」で感じ分けます。快ならば身体を巡っている氣・血・水の流れを良くし、細胞を元気にします。逆に不快ならば不調にします。それが人間です。「快」にする波動を「癒しの波動」といいます。この測定表から、この商品がいかに健康と美容にスグレているかが、お分かりいただけます。